Create  狭間全般Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

平河工場毒ガス事件

平河工場毒ガス事件

 平河町にある薬品工場にて異臭がするとの通報で駆けつけた警察官三名が死傷した事件。一名死亡、一名は意識不明の植物状態、一名は命を取り留めたが後に警察を辞めている。熊谷成司?を貶める為、不正な運用をしていた工場へ警官をおびき寄せようとした一部人外、警察への反感から警官三名を閉じ込めた住民側。結果として三者互いに憎みあう最悪の事態へと発展した。

 工場から噴出していたのは、地下祭壇の封から染み出た。被害者三人はいずれも水に汚染された。しかし事件当時は霞ヶ池に対する危機感は無く、1997年の霞ヶ池の影まで汚染に気づくことが無かった。

被害者

長嶺厚浪
元零課に所属していた心理技法のエキスパート。工場毒ガス事件の生き残り。事件後、職を辞して姿を消した。後に『N』のコードネームで呼ばれるテロリストとなったという。
野添崇
明神署警察官、工場毒ガス事件で死亡。後の調べで納骨したはずの遺骨が消えていた。
似原憲次
工場毒ガス事件で被害にあった警察官。20近く経つ今も意識は戻らない。調べによるとその内は既に水と共に溶け堕ちてしまっている。

登場作品

関連する用語

用語
解説

関連する商品

話題まとめ

チャットログ

資料リンク

リンク

Last modified:2009/03/03 16:14:49
Keyword(s):
References:[明神の闇] [長嶺厚浪] [野添多鶴子]
This page is frozen.