Create  狭間全般Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

超古代文明

超古代文明

四大文明以前、おおむね一万年以上前の、現在にその存在がほとんど伝えられていない文明を指すことが多いだろう。独自の超技術や魔術を実践しており、偉大な力を持っていたが、それゆえに、あるいは天変地異によりあとも残さずに消えてしまったことになっている。

狭間世界においては、相反する超古代文明も重複し多数実在する。これは過去は他界であり、過去の遺産や過去からの来訪者は、現在からみて過去であると認識して齟齬のない範囲の異世界と解釈できるからである。

関連する用語

霞ヶ池文明
吹利の超古代文明のうち霞ヶ池関連のものの総称。

組織

日本文化財保護財団
超古代遺物を管理して災害の再発を防ぐ民間組織。
七の月の会
人類滅亡の危機に際して自分たちだけは生き延びるために超技術を確保するべく暗躍する結社。
用語
解説

メモ

関連する商品

話題まとめ

リンク

Last modified:2007/01/17 12:11:32
Keyword(s):
References:[威蛇古録] [霞ヶ池C文明] [御鏡建設] [霞ヶ池B文明] [霞ヶ池文明] [霞ヶ池A文明]
This page is frozen.