Create  狭間06Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

地蔵供養

地蔵供養

 幽霊を見る本宮幸久と、実体化させる相羽真帆。そしてほんの偶然から起こった話の顛末。

小説『縋る者達』
通りすがりの女を見て、幸久が行った一つの関与。
小説『地蔵供養(上)』
母との縁を切られた赤子が向かったもう一つの縁の先は。
小説『地蔵供養(中)』
相羽家にやってきた、生まれたことの無い赤ん坊。
小説『地蔵供養(下)』
父親に抱かれた赤ん坊、そして還ってゆく。
小説『ほんの少しの善であるなら』
撚り合わされた幸せと不幸せ。天秤の傾く方向は。
Last modified:2006/03/06 22:15:33
Keyword(s):
References:[先輩と真帆] [2006年狭間06年表]