Create  狭間06Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

「飛頭蛮」桜居家とその縁者

「飛頭蛮」桜居家とその縁者

 数百年前に大陸から日本に移ってきた飛頭蛮一族。  信州の山村に自治区を持ち優雅に暮らしてきたが、自治体との関係の悪化で解体される。

規模
推定40名前後。
知名度
低い。

メモ

構成要素

桜居独楽
長。フライングダンディ。
桜居津海希
再興を目論む長の娘。多分女帝のアルカナの加護を受けている。
数房定三
桜居家に古くから仕える執事。
中内音々
津海希をお姉様と慕う少女。10cmも背が高い。
梅山直尚
一族の中でも超保守派の一家の一人息子だった。
井畑弘美
髪を操る能力に長けた少女。いいバッター。

関連地名

飛豆頁村?
ビスケッツと読む。ふざけた名前の信州の山村。飛頭蛮達が追い出しを喰らってからは農地化政策が進められているが効果は芳しくない。元々大地主の桜居に富が集中し、それを運用して還元することによって成立していた土地のため生産性は低い。
桜居邸
吹利県壱村にある現在の桜居の家。

関連組織

無道家
和泉演達の紹介で関わりを持つ。

歴史

言及作品

作品名
解説

話題まとめ

資料リンク

リンク

Last modified:2008/09/04 00:41:09
Keyword(s):
References:[1962年生まれ] [桜居津海希] [組織] [井畑弘美] [飛頭蛮]