Create  地球伝承Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

星間航法

星間航法

基本的に遠距離間の簡易な瞬時移動・通信は存在しない。

分類

軌道往還法
重力井戸の登り降り。惑星から軌道ステーション、またその逆など。
惑星間航法
光速度を越えるとしてもたいして高速度は出せない。
恒星間航法
超光速を必要とする。超光速航法

技術体系

レイライン航法
宇宙を縦横に走るレイラインの「気」の流れを利用して物体を移動させる技術。
星間ゲート
固定されたワームホールを利用・管理するシステムの名称。観測・維持に人的コストがかかるため、運用時間の大半はメンテナンスに費やす。大型艦もしくは艦隊規模で短時間に通して、通過間隔は長くなる。
真空泳法
生身で宇宙を泳ぐというもの。
APGS?
ワームホール航法の一つ。狭義には、一時的ワームホールを強制開通させて利用する方式における、到達点の星位を特定する座標計算技術のこと。

利用される原理

レイライン
レイライン航法を参照。もっとも、レイライン自体にとっては航法への利用は二次的なものである。
ワームホール
三次元空間のかけ離れた2点を結び超空間転移を実現する現象。天然に恒常的に存在するものと、人工的に一時的に開通させるものがある。これらを利用できるよう作られた設備・施設が、星間ゲートと呼ばれる。一般に安定しておらず、通過の衝撃により不安定化しやすい。

資料リンク

リンク

Last modified:2007/03/23 08:44:03
Keyword(s):
References:[レイライン航法] [真空泳法] [小辞典] [超光速航法]