Create  プルートミア物語Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

古ロトス王国

古ロトス王国 Kingdom of Old Rotos

タレス暦前千年ごろからタレス暦六百年過ぎまで、ロトス地方で繁栄した文明の中心。光に象徴されるエネルギーの変化を崇拝していた。

ピタタレス帝国の世界制覇を妨げることのできた国家のひとつであったが、ピタタレス崩壊と期を同じくして崩壊した。その原因はほとんどの人間にはしられていないが、エトラ・ギ・ネーセの襲来にあった。

高度な生命工学?を持ち、人間の改良に力を注いでいたらしい。一説にはラオネイクという異能、それに光の家系自体が、古ロトスの最大の成果にして遺産であるとも言われている。

古ロトス語で会話し、フェルス・ロマネを雅語としていた。

当時の首都は今も光の都?として知られるフェルスである。

規模
知名度

メモ

人物

名前
解説

構成要素

名前
解説

関連地名

名前
解説

関連組織

名前
解説

歴史

言及作品

作品名
解説

話題まとめ

資料リンク

リンク

Last modified:2006/09/01 23:01:20
Keyword(s):
References:[シザン] [文明] [サースティス派] [国名] [プルートミア物語らしい派手なキーワード] [人工神鳥マラクタルト] [フェルス]
This page is frozen.