Create  プルートミア物語Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

ラティム・イーム

ラティム・イーム Ratym Ihm

ナーケス王国第三の都市。西守軍の駐屯地。

イーム?の名を持つことからも分かるように、歴史の古い都市であるが、現在では多くの部分が廃墟となってしまっている。

もともと大ユーロ帝国?時代の諸都市の一つであり、大ユーロ帝国崩壊によってラティム公国?として独立したときの首都でもあった。この地を治める国家の盛衰・移り変わりによって起こる戦火によって幾度も荒廃し、そのたびに復興してきたものの、今ではナーケス王が王都を別に構築したことによって重用性が低下、人口も激減した。

今でも旧貴族や豪族などが住んでいるために、ナーケス政府はこの町の動向を常に監視している。

規模
現在の登録人口は六千人。最大時の登録人口は六万人にも達していたので、現在ではその十分の一でしかないことになる。
知名度

メモ

構成要素

名前
解説

関連地名

名前
解説

関連組織

名前
解説

歴史

言及作品

作品名
解説

話題まとめ

資料リンク

リンク

Last modified:2006/09/01 22:05:37
Keyword(s):
References:[ナーケス王国] [都市名]
This page is frozen.