Create  プルートミア物語Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

シャフィル・カルキア

シャフィル・カルキア Syafil Karukia

光の家系傍系。ミアネの上級司祭?にして上級使徒。犯罪心理学の分野研究に、特に優秀な成績を残している。

淡い栗色の直髪をわりと短く切りそろえている。すました表情が多い。親譲りの激情家だが、任務遂行のために感情に流されまいと気をつかっている。几帳面。事件に対して、自分の勘よりも過去の統計を大事にしようとする。融通が利かない所がある。(男勝り、もしくは男性不信?)

他人の間違いを細かく指摘する癖がある。特に数に関する間違いにうるさい。時々、素直に笑えない冗談を言ってしまう。

ミアネの神力。剣術。歌と踊り。宮廷作法。イファ・ツホークを所有。

フィール・サロウェル
ノーティス学院での同期生。
シーファ・エレス
ノーティス学院での同期生。

関連する用語

用語
解説

人間関係

  • 父、母
ラーヤ・カルキア
シェネア・カルキア
妹。家族の中で一番うまが合わない。
セレス・ローク
異母兄

主な小説、エピソード

主なイラスト

経歴

  • ロトス王国アレィナ出身。
  • 登場時19才。
  • 性格の違いからか、三姉妹の中では一番成績が良かった。
  • シェネアとは家族の中で一番うまが合わない。「先生に、フィールのようなかっこいいミアネの使徒になりたいって言ったんですって? あなたみたいながさつな子にこの仕事が勤まると、本気で思ってるの? そうでなくてもあなたのミーハーぶりにこっちは迷惑してるのよ。もしあなたがミアネの使徒になって、仕事をするなんてことになったら、もう、恥ずかしくって表を一歩も歩けなくなるわ!」
  • 父が、一番出来の悪い末娘のシェネアを特に可愛がっているのが、なんとなく気に入らない。

資料リンク

リンク

Last modified:2006/09/14 03:20:46
Keyword(s):
References:[カルキア家] [ラーヤ・カルキア] [人物] [シェネア・カルキア]
This page is frozen.