Create  プルートミア物語Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

シェラク・イーロン

シェラク・イーロン Syerak Ihron

長いつややかな栗色の髪を、風になびかせて登場する神秘的な美女。しなやかな体つきをしている。ルコンヤ使徒かつルコンヤの大司祭?である。

ルコンヤの神力を巧みに操り、隠密行動は第二の天性。光砂や飛空衣などの呪具も持つ。光のリーアおよび崩のリーアとシェラーム流剣術?ニミシア式構成呪術などを組み合わせて活用する、神出鬼没のトリックスター。

目立ちたがりのかっこつけで、無視されたり軽視されたりすることが大嫌い。刹那的なところがある。本当は寂しがり屋であるため、人の注意を引きたがる。

口元に手を当てて笑う「私の名はシェラク。よろしくね(笑み)」。事態をさらに引っ掻きまわし、混乱させるのが趣味だが、別に陥れようとかいう悪意があってしているわけではない。なにかとはぐらかすのが好きで、思わせぶりな口調で悩ませる。

優しくされると戸惑ってしまうので、シーファ・エレスのような相手には強く当たることができない。妹に似た相手を苦手とする。

関連する用語

クラレシア・イーロン
出来過ぎな妹。反感を抱いているが、本当は尊敬している。彼女と比較されてきすぎたため、シェラクは屈折してしまっている。
用語
解説

人間関係

主な小説、エピソード

主なイラスト

経歴

  • 出身地はロトス王国アレィナ。4107年初頭時点で26歳。
  • イーロン家のはみ出し者。本来有能な人物なのだが、なにかとクラレシアと比べられてきたため、ひねくれてしまった。目立ちたがりなのは、劣等感から来ている。クラレシアが旅立ったのを、彼女の大人気ない態度のせいだと心無い人々から不当な非難を受けたため、切れてしまい家出した。

資料リンク

リンク

Last modified:2006/09/01 18:08:04
Keyword(s):
References:[イーロン家] [人物] [ソリア・ケレト] [クラレシア・イーロン]
This page is frozen.