Create  プルートミア物語Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

ソリア・ケレト

ソリア・ケレト Soria Keret

娼婦?。色っぽい美女。力と地位のためなら、手段を選ばない。優位に立つと、相手を鼻で笑う。

関連する用語

用語
解説

人間関係

主な小説、エピソード

主なイラスト

経歴

  • PS07に登場。
  • チャタン・セットが大将軍だった頃、チャタンに囲われていた。
  • 父は旅人、母は娼婦? 父は誰とも知れず、母を幼い時に亡くし、娼婦達に育てられた。
  • 登場時18才
  • クロマは、ソリア達をおとりにして、動乱を起こさせたのは彼女達だと思わせようとした。しかし、運命の使徒とシェラク・イーロンの介入によって、クロマの存在が暴露されたために、罠が無効化されたため、逃がさずに捕えさせるために、居場所を流した。幻影を実際に忍び込ませる事により、報告者は見た事を信じている。
  • 空き家になっているスィーム王国の商人の家で、召喚香を用いた。
  • コサン・ノハットをそそのかし、ごろつきどもに廃屋で待ち伏せさせたりした。「くそっ、このアマ、てめぇのせいで……、そうだ、こうしてやるっ」ソリアを人質にしてヒソールを脅す。「あんたは、すべての美女を守る事が使命だって言ってるそうじゃねぇか。それ以上近づくと、このアマの命はねぇぜ!」
  • ソリアは、チャタンの指示でやったと主張して、チャタンを陥れようとする。嘘をついていると知られると、涙ながらに許しを乞う。それでも、商人に頼まれた事、ましてやその後ろにいる男の事は、話さない。ヒソールにすがりついて頼み込む。「チャタンの奴を懲らしめておくれよ、あいつにはあんたも狙われているよ」

資料リンク

リンク

Last modified:2006/09/30 19:45:59
Keyword(s):
References:[コサン・ノハット] [チャタン・セット]
This page is frozen.