Create  プルートミア物語Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

レーン・ミリク

レーン・ミリク Rhen Miriku

陰険ではない。人間関係の機微に通じている。

ヒソール・ラルシュが王族になった時点で、いざこざを避けるためにトゥーフの評議院長の座から降りた。

34歳になって生まれた一人娘を溺愛している。ヒソールのやった事を忘れているわけではないが、現在のヒソールの立場が立場なだけに無駄な圧力をかけはしない。

関連する用語

用語
解説

人間関係

主な小説、エピソード

主なイラスト

経歴

資料リンク

リンク

Last modified:2006/09/01 22:58:31
Keyword(s):
References:[ニルン・ミリク] [スティア・ミリク] [人物] [サリア・ミリク] [カレス・ミリク]
This page is frozen.