Create  狭間全般Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

安西水鶏

安西水鶏

 生成が可能な異能者。1999年から2000年の間に神京会絡みの事件への関与があると見られる。現在は行方不明。

もしかしたら『穴』を持つ者かもしれない。

1997年当時。大塚穂矢の愛人であり、言われるままに『』を生成していた。現在も穂矢の近くにいる。

関連する用語

水子呼び
『水子』の魂と肉体(臍帯)を介し、この世と『根ノ国』を繋げる。使用する毎に命を削る。能力を使う毎に、水子は一体ずつ根の国に飲まれていく。水鶏はそれを”救済”であり、自分の使命であると妄想している。
水子
中絶や流産などによって死産となった赤子。ここでの水子は水鶏が流産した胎児を筆頭に彼女の配下にある数多胎児・乳児・幼児の骸を指す。

人間関係

主な小説、エピソード

主なイラスト

話題まとめ

チャットログ

赤子を抱く女

Last modified:2010/07/05 02:49:03
Keyword(s):
References:[生成] [神京会] [開かれた者] [狭間灯し]
This page is frozen.