Create  狭間全般Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

榊隆吾

2012061401.jpg
2012061401.jpg
うたこさんより頂きました。ありがとうございます!

榊隆吾(さかき・りゅうご)

鬼の末裔

氏名(戸籍上の名)
榊隆吾(さかき・りゅうご)
妖怪としての名
傲羅(ごうら)
ハンドル
リューゴ[Ryu-go]

個人情報

性別
身長
200cm
体重
120kg
生年月日
1980年4月1日(戸籍上)
年齢
32歳(戸籍上。実年齢は1000歳以上?)

親族

不明

経歴

駅前で花屋を営む大男。
店は小さいながらも置いてある鉢植えや切り花はどれも元気が良く、時には珍しい種類の物を扱うこともあることで知られている。
昔話の鬼のような無骨で恐ろしげな見た目の店主が経営する、可愛らしい花屋というミスマッチな取り合わせからも、周囲の知名度はそれなりに高い。

「昔話の鬼のような」と外見を評されることは多いが、その正体は本当に昔話に出てくるような鬼であることを知る者はごく僅かである。

鬼としての本当の名は傲羅(ごうら)と言う。
千年以上の昔には、子分を引き連れて悪事の限りを働いていたらしいが、当時の話は殆どすることは無い。

自らの出自や悪事に走ることになった切っ掛け、悪事から足を洗うことになった経緯などは本人が黙して語らないため不明だが、自らの過去に罪の意識を抱いていることは明らかである。

 

関連する用語

妖力制御
妖力は身体能力や感覚の制御や強化と、自身の肉体の状態制御を介した精神制御に特化しており、術の類はまったく使えない。
傲羅の欠片
千年以上の昔に封じられた際、バラバラに砕かれた力の欠片。欠片を探し集めることは他界潜りの動機の一つであるが、現在はそれほど強く執着していない。

公開されている設定

ランク1〜誰でも知っている。
  • ガタイのいい兄さん
  • コワモテ
  • 駅前の花屋の店員
ランク2〜親しい仲ならば知っている。
  • 馬鹿正直
  • なんだかいつも幸せそうな雰囲気を漂わせている
  • いつもニコニコしているが、怒ると怖いという噂である
  • 酒に酔うと服を脱ぐ癖がある
  • ときどき酔ってなくても脱ぐときもある
ランク3〜ごく一部のものしか知らない。
  • 人間ではなく、他界から流れてきた「鬼」の末裔。
  • かつては人里を荒らす悪い鬼だったが、吹利五石坊と名乗る天狗によって退治され、封じられていた。
  • 妖怪としての本当の名は傲羅(ごうら)と言う。
  • 肌を晒していないと本来の力が出ない呪いが掛かっているらしい。
ランク4〜本人さえも知らない。
ランク5〜プレイヤーも知らない。

余力

余力総計[20]/体力[14]/集中力[6]

特徴

社会的特徴
偽造戸籍:1 お花屋さん:2
身体的特徴
巨躯:3 スキンヘッド:1 怪力:3 並外れた生命力:3 コワモテ:3 額に小さな角が2本:1 猫背:2 衣服を着ていると本来の力が出ない:3 開いているのか瞑ってるのか判然としない糸目:1
精神的特徴
嘘をつけない:3 約束を破れない:3 陽気:2 過去に犯した罪の意識:3
その他特徴
現実世界での日常への愛着(現界との絆):3 人外の存在(鬼):3 古の記憶:3
一時的特徴
交友関係

技能

複合的技能
妖力制御:18
行動系技能
運動能力:15  格闘:18  自律:15  運転:15
知識系技能
動植物知識:15 一般常識:13 時事:13 雑学:18 伝承知識:18
生活技能
調理:15 花や野菜の栽培:15 フラワーアレンジメント:13
言語技能
日本語:10  英語:10  中国語:9  フランス語:9  スペイン語:9  アラビア語:9

所持品

衣類
Tシャツ、ジーンズ、ハンチング帽orバンダナ、ワークブーツ、エプロン
道具
花バサミ、作業用手袋、乗用車

参加したセッション

主な小説、エピソード

主なイラスト

話題まとめ

チャットログ

資料リンク

Last modified:2012/06/14 01:23:30
Keyword(s):
References:[多界捜神伝の人物] [機兵残影] [多界捜神伝のエピソード] [練炭灯籠] [懐旧の檻] [ハンドルネーム]
This page is frozen.