Create  狭間全般Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

白澤

白澤(はくたく)

  • 二上山の妖怪達を束ねる存在。
  • 市原魔女の娘を喰らい、滅ぼされた鬼に代わって山を治めている。
  • 二度目の魔女の報復の折、一触即発の状態だった妖怪と市原魔女との間で執り成し役を務めた。
  • 先代五石坊が人間だった時から、既に二上山に居たといわれる。
    • 本人の弁によると、ヤマト王権の治世が始まった頃から日本に居るとのこと。
  • 光の柱にアクセスすることで様々な知識を得ているが、その代償として殆どの時間を二上山の岩戸に篭って瞑想して過ごしている。
  • 人間の男性の顔に白い毛並みの牛の胴を持ち、体のあちこちに無数の目を持っている。
  • 人間の姿に化けるときには20代半ば程度の青年の姿になる。
    • ただし最近は人間の姿に化けることは殆どない。
  • 人間時には名を訓読みし、「白澤(しらざわ)」と名乗る。
  • 人間との共存を望んでおり、先代五石坊亡き現在、穏健派の妖怪を束ねる立場にある。

関連する用語

用語
解説

人間関係

主な小説、エピソード

主なイラスト

話題まとめ

チャットログ

資料リンク

Last modified:2011/10/25 20:21:15
Keyword(s):[HA22] [神未満な者達]
References:[神未満な者達] [二上山] [封里奇録]
This page is frozen.