Create  狭間06Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

宇多家

『宇多家』とは

 宇多環に対し人間社会での便宜を図るかわりに、他界向けの交渉などで恩恵を享けている一族。

 吹利市の春日の丘にある料亭兼喫茶の金仙を経営している一家の他にも事情を知る分家がいくつかあるらしい。

 初代の宇多三朗兵衛は京都所司代の役人だった。

余談

 宇多環は妖怪や神といった存在が変遷を続ける人間社会に適応するためのモデルケースとして宇多家を捉えているふしがあり、血縁や地縁に一定の効果があることは認めているが、それを絶対視はしていない。

メンバーリスト

宇多環
普段は人間の姿になっている化け狐。システムの提唱者。
宇多楓
宇多環と何らかの因縁があるらしい雪女。
宇多雅仁
人間側の当主。九代目宇多環。
八代目宇多環
多分まだ存命。
宇多三朗兵衛
人間側の初代当主。故人ということになっている。
備品。自律していることを恐らく家人も認識していない。
影女(仮名)
桜木達大により自我が芽生えた障子。障子の向こう側にいるはずの女性という姿で顕現する。
仕立てのお梅?
居候。宇多環の旧知。
ウンカバル・伝欧寺
居候。宇多環の旧知。
Last modified:2005/10/05 15:24:33
Keyword(s):
References:[組織] [宇多三朗兵衛] [宇多楓] [人物] [宇多環] [宇多雅仁]