Create  狭間全般Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

篤部るり子

篤部るり子

  • 市原誓いの魔女の一人だった。
  • 市原魔女、篤部派。
  • 書化の術を経て、市原の蔵書として保管された後、野添多鶴子(旧姓・市原)の魔女デビュー時に託された。
  • お葉と同年代に生きた魔女であり、縛めの釘の封となった一人。
  • 今はモローの手に落ち、腐毒を生み出す元や、無限の卵の母体として既に原型を留めぬ程に改造されつくされている。
  • 生存は絶望的、もはや滅びるより他救いの道はない。
  • 円卓により解放されるも、形のない肉塊と化していた。市原魔女達の手により手厚く葬られた。

関連する用語

用語
解説

人間関係

主な小説、エピソード

主なイラスト

話題まとめ

チャットログ

資料リンク

Last modified:2009/03/24 15:34:52
Keyword(s):
References:[野添多鶴子] [市原魔女リスト] [魔女] [無限の卵] [浮葉の君] [明神の闇] [誓いの魔女] [霞ヶ池の闇の人物]
This page is frozen.