Create  狭間全般Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

リゲル・ブランケ

リゲル・ブランケ(Rigel Blanke)

  • 独逸超力飛行戦闘団少尉。部隊最年少。
  • チェスがうまい。
  • ショタ要員。
  • 大佐付き。
  • 喘息持ちの兄(ヴェガ・ブランケ)の代わりに軍に志願した。
  • 灰色の瞳、長い灰色の髪を三つ編みにしている。
  • リゲルは幼名、18になったら本名のフランツ・ブランケ(Franz Blanke)を名乗ることになる。
  • 誰かの遠い血縁かもしれない。

関連する用語

用語
解説

人間関係

ヴェガ・ブランケ(Vega Blanke)
3つ年上の兄。喘息持ち。軍に入れなかった為、父の商会を継いだ。本名はヨーゼフ・ブランケ(Josef Blanke)
レナーテ・ブランケ(Renate Blanke)
末妹。後に石橋という日本人青年と恋に落ちて、一人異国へと嫁いでいく。あだ名はレニー。
ベネディクト・ブランケ(Benedikt Blanke)
父。ブランケ商会の主で独逸軍とも懇意にしている。リゲルのチェスの師であり戦術家。誰かのパラレル存在。
マリア・ブランケ(Maria Blanke)
母。美しい黒髪に黒い瞳の貴婦人だそうな。
アルタイル
少将。父の親友であり尊敬する軍人。普段は少将として接しているが、時折以前の癖でベルおじさんと呼んでしまう。

話題まとめ

チャットログ

Last modified:2010/01/17 20:07:49
Keyword(s):
References:[独逸超力飛行戦闘団] [狭間の空] [独逸の動向] [アルタイル] [デネブ・ツェイグニ]
This page is frozen.