Create  狭間06Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

ローテンフェルトの十二使徒

ローテンフェルトの十二使徒

 第十三位を除く、ローテンフェルト侯十二人の弟子。

 ここでは、狭間06に登場、もしくは関連する使徒のみを抜粋した。(十二使徒の全データは狭間全般Wiki - ローテンフェルトの十二使徒を参照のこと)

二位 赤原の地母
名はディミトリア。ローテンフェルト候の実の娘にして、ローテンフェルト候領の神。土地そのものが彼女と交感し続けているため、候領の出来事で彼女の知らないことはない。
御堂ロザリンデ花梨の母。
四位 『神意』
第二位のディミトリアを魔術によりいいようにしていたが、後に御堂ロザリンデ花梨の父となる御堂大河?にぼてくりこかされた。
なお、ローテンフェルト侯は、このときのケンカに巻き込まれとばっちりで消滅。不憫である。
十一位 『歌わせるもの』
ボルジアの女。何を隠そう、サトミマンションに住んでいる毒婆?の養い親である。

話題まとめ

資料リンク

Last modified:2006/12/09 13:16:13
Keyword(s):
References:[ローテンフェルトの弟子達] [ローテンフェルト侯] [過去よりのもの]