Create  狭間06Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

先輩と真帆の温泉旅行

先輩と真帆の温泉旅行

千本鳥居の後日。研修明けに休みをもらった先輩と真帆とで温泉旅行へ。

用語や登場人物

相羽尚吾
吹利県警刑事。
相羽真帆
怪異にやたら縁のある人。
雨竜?
空から落ちてきた雨の竜。
赤ベタ青ベタメスベタ
相羽家で飼われていたベタの霊。真帆の傍で実体化する。
本宮史久
相羽の後輩。いつもいつも苦労してます。旅行のお世話をしました。

作品リンク

小説『線路の鳴る音』
温泉に行く、車中の風景。
小説『深緑の宿』
相羽家版『温泉に行こう!』な話。到着の風景。
小説『家族風呂』
露天家族風呂、一緒に入りたいという相羽に真帆は。
小説『家族風呂・ sideB 』
『家族風呂』の真帆視点
小説『岩風呂のひととき』
温泉を満喫してる相羽一家の面々
小説『岩風呂のひととき・ sideB 』
温泉を満喫してる……筈なんですが、妙にがちがちの真帆の視点から。
小説『互いの傷痕』
小説『岩風呂のひととき』の続き。背中流してもらってます
小説『互いの傷痕・ SideB 』
真帆の視点から。またなんかぐずぐず考えてます。
小説『夕餉時』
先輩と真帆さん、温泉旅行一日目。温泉を堪能したあとの食事。
小説『破砕』
『夕餉時』の後。真帆の視点で。
小説『夜闇道』
夕食後、約束通り、外に行く相羽一家。
小説『夜の夢・夜の悪夢』
一日目、眠る時の話
小説『閑有りき』
温泉の二日目。ぼけーっとして過ごす二名
小説『悪夢祓い』
温泉の二日目の夜。旅行の原因の一つ、真帆の悪夢を斬る先輩。
小説『約束』
温泉、最終日。いつぞやの約束を果たす真帆。
Last modified:2007/01/30 16:57:17
Keyword(s):
References:[物語リスト] [2006年狭間06年表] [先輩と真帆]