Create  狭間06Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

人外問題調停人

人外問題調停人

 特例事項──
 吹利近辺の開発の進行に伴い、土着の霊、神、移民妖怪の子孫ら総称して人外との軋轢は増加の傾向にある。従来の退魔制度では対処しきれない事例も少なくはない。そこで吹利では司法の下に人外問題専門の調停人、仲裁人を広く集め、また養成する方針できた。が、現状人材不足なのは明白である。これに対処すべく、民間のご意見番、交渉役と言われる者達から実績のある者を特例的に採用する案を近日可決する方針。

(無明の天使 猫回しの弟子から引用)

 人間と人間以外の種族(いわゆる超常存在)との間に起こった軋轢を、退魔ではなく調停するアプローチで解決に当たるものたち。

 捜査零課と同様、当局側では絶望的に人員不足なため、嘱託もふくめ相当数の民間調停人が活躍している。

関連する用語

用語
解説

関連キャラクター

大藤隆喜
先代猫回し
桜木達大
猫回し
桜居津海希
猫回しの弟子。着々と成長しているが桜木達大は、まだ見習い扱いしている。
高徳寺梅太郎
業界では評判の悪い人外問題調停人。腕はいいが手段を選ばない傾向がある。

話題まとめ

資料リンク

Last modified:2006/12/09 02:06:36
Keyword(s):
References:[人外問題調停人] [猫回し] [桜居津海希] [桜木達大] [職業] [高徳寺梅太郎] [無明の天使] [小辞典]