Create  平安陰陽絵巻Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

律令官僚の勤務評定

律令官僚の勤務評定

という。

評価内容

(くう)
功績。良い実績。
過失。悪い実績。
(ぎょう)
行動の道徳性。
才能。

それぞれについて、以下の二点を基準とする。

勤務姿勢。
仕事の処理能力。

評価段階

長上官
九等級。上上、上中、上下、中上、中中、中下、下上、下中、下下。
番上官
三等級。上、中、下。

最低勤務日数

8月1日〜7月30日が単位年に、勤務日数が最低勤務日数を越えたものが評価対象。

長上官
常勤。240日
番上官
非常勤。140日。

昇格決定の単位年

長上官
六年
番上官
八年

昇格基準

いちおうの原則である。実際にはたいてい+1。

  • 中中ならば位階+1
  • 中上以上があればさらに加算
    • 上上一回+2
    • 上中一回+1
    • 上下二回+1
    • 中上三回+1
  • 最高で三段階の昇進

メモ

  • 位の上昇には必須。六位以下に適用。
  • 勤務評定を受けた者の同意を確認して提出。不服の場合には訴えでることも可能。
  • 考文の実例は正倉院に残っていた。

関連する用語

考文
勤務評定書。長官が太政官に提出。
用語
解説

話題まとめ

資料リンク

リンク

Last modified:2006/07/15 15:16:14
Keyword(s):
References:[資料] [] [王朝貴族物語]
This page is frozen.