Create  狭間全般Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

霞ヶ池B文明

霞ヶ池B文明 Kasumiga-ike B. Civilization

霞ヶ池文明と総称される超古代文明の一つ。縄文早期の古文明。ムーの移民の子孫の一派と言われることもある。最高神官もかねた王による神聖王政。

オルハリコン?相当品のヒヒイロカネを保持していたものの、おおむね生産は困難であり輸入していたとされている。

ムーが本拠で巨大植民地は古代ウイグル帝国など。霞ヶ池の研究都市のようなものだったとも推測される。

ムーよりも二千年、一万年前に壊滅。原因は霞ヶ池の力を緩和するなどの、超科学の産物をコントロールする知識が失われていったため。この時、暴走により大洪水が世界各地で発生したともいう。日本アルプスに一時待避した一族により霞ヶ池A文明が作られる。

関連する用語

用語
解説

メモ

関連する商品

話題まとめ

資料リンク

Last modified:2007/02/06 22:58:37
Keyword(s):
References:[霞ヶ池A文明] [獣人一族] [蒼雅家] [霞ヶ池文明] [大上文書] [霞ヶ池] [蒼雅の始祖]
This page is frozen.