Create  狭間全般Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

市原幸

市原幸(いちはら・さち)

  • 市原魔女、市原派。
  • 市原葉は大叔母にあたる。
  • 篤部ゆゑとは幼馴染、共に圷真佐子志木アラヤらに教育を受けていた。
  • 明治維新後、官吏として吹利に配属された藩士の妻となる。
    • 小首を傾げて微笑むだけで、男共を夢中にさせたという猛禽の鑑。
    • 齢十六にして、溌剌とした少女の顔、たおやかな淑女の顔、艶やかな妖女の顔を使いこなした。
    • 時代が時代なら傾国の美女ともなりえたと、まことしやかに語られている。
    • 人間妖怪問わず、魅了された者は数知れず。
  • 封地としての吹利を護る為、中央と地元との緩衝役となり、この基礎を護った。
  • 「政府に擦り寄る女郎」「官吏を篭絡した女狐」などの謗りを受けながらも、旧幕府側と政府側との橋渡しとして力を尽くす。
  • 吹利史には名を残さず、歴史の影に生きた。
  • 晩年は職を退いた夫と共に出家し、怜幸尼(れいこうに)と呼ばれた。
  • 後に病で死んだ夫を追うように息を引き取った。
  • 書化魔女の道を選ばず、妻として生涯を終え、吹利市内の墓地で眠っている。

関連する用語

用語
解説

人間関係

圷真佐子
幼い頃に面倒を見てくれた優しい姉のような人。その死を悼み、吹利の為に尽くす決意をするきっかけとなった。
志木アラヤ
旧幕臣であり、維新後零落した関係から、複雑な関係にあった。しかし、互いに尊重しあう仲でもあった。
篤部ゆゑ
幼馴染の親友。真佐子の懐刀、真佐子の死後は幸の右腕として影で支えた。

主な小説、エピソード

主なイラスト

資料リンク

Last modified:2009/08/17 10:40:48
Keyword(s):
References:[吹利を支えた女達] [狭間幕末編] [霞ヶ池の闇の人物] [篤部ゆゑ] [市原魔女リスト] [志木アラヤ]
This page is frozen.