Create  狭間全般Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

志木アラヤ

志木アラヤ(しき・-)

  • 市原魔女、志木派。
  • 武家に嫁いだ志木の末裔、代々婿をとって家を繋いできた。
  • 誉れ高い幕臣の家だったが、維新後その地位を奪われ零落していた。
  • 変革の中で夫を支え、志木家に伝わる組紐術を商業へと展開し、志木を再興した。
  • 官吏の妻となり政府側となった市原派・市原幸とは少なからぬ対立はあったものの、認め合う仲でもあった。
  • 組紐業としての志木を再興し、その成功を見届けると同時に労咳に倒れ、書化魔女に変換することなくこの世を去った。

関連する用語

用語
解説

人間関係

圷真佐子
倒幕志士の夫を支え、幕臣の志木とは不倶戴天の仇敵でありながらも魔女としての友でもあった。
市原幸
政府側についた幸に対して複雑な立場ながら、互いに尊重しあう仲でもあった。
篤部ゆゑ
真佐子、幸と敵対者に仕えた者であったが、その忠義に敬意を払った。

主な小説、エピソード

主なイラスト

話題まとめ

チャットログ

資料リンク

Last modified:2009/07/10 01:55:11
Keyword(s):
References:[吹利を支えた女達] [圷真佐子] [狭間幕末編] [市原魔女リスト] [市原幸] [篤部ゆゑ]
This page is frozen.