Create  狭間全般Wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

圷真佐子

圷真佐子(あくつ・まさこ)

  • 市原魔女、圷派。
  • 慈愛の君。
  • 負傷した長州の武士を助け、結ばれたことにより、運命を大きく変えた。
  • 幕末から維新にかけて、夫であった維新志士の為力を尽くし、薬師として多くの志士を命を救った。
  • 文書や手配など裏方として、また若者達の心の支えとして、カリスマ的な存在として慕われた。
  • 幕臣の夫を持つ志木アラヤとは立場上、不倶戴天の敵であったが、敵味方でありつつも魔女として長年の友人でもあった。
  • 新政府軍の夫に薬医として付き従い、旧幕府軍の奇襲で夫を庇い命を落とした。
    • 殺したのは銀ちゃんです。この時ゆゑに斬られて人として死にます。
  • その死に魔女達だけでなく命を救われた多くの志士らが涙した。

関連する用語

用語
解説

人間関係

本郷時貞
夫。
篤部ゆゑ
真佐子に仕えた少女。
本郷颯子?
娘。後に書化魔女として小手川理都子に託される。

主な小説、エピソード

主なイラスト

資料リンク

Last modified:2009/07/15 11:25:13
Keyword(s):
References:[狭間幕末編] [市原魔女リスト] [吹利を支えた女達] [本郷時貞] [篤部ゆゑ] [霞ヶ池の闇の人物] [志木アラヤ] [市原幸]
This page is frozen.